特定の条件でライセンスの確認とディレクトリ情報の保存に失敗します。

サポート SUPPORT 不具合報告 特定の条件でライセンスの確認とディレクトリ情報の保存に失敗します。

StyleNote
  • Creator
    トピック
  • #4950 Reply

    GK

    ●次の条件下でライセンス確認用HTMLファイル(以下「ライセンスファイル」とする)を設置したディレクトリ情報の保存に失敗します。

    • ライセンスファイルをアップロードしたディレクトリが「.」で始まる名前の時

    「StyleNote.ini」に「名前が.で始まるディレクトリ」の直前までしか保存されません。
    なお、「StyleNote.ini」を直接編集してディレクトリ情報を修正すれば、「.」で始まるディレクトリにライセンスファイルを設置しても運用可能です。

    ●次の条件下でライセンスの確認に失敗します

    • 上記のようにディレクトリ情報の保存に失敗して、ライセンスファイルにたどり着けなかったとき。
    • ライセンスファイルの取得とライセンス確認を何度か行った環境で、取得したライセンスファイルのどれか(「StyleNote.ini」で最初に記述されているライセンスファイル?)をアップロードした場所から消したとき。

    ■備考
    ライセンスの確認と解除を行ったことがあったり、ライセンスの確認に失敗してライセンス履行の申請を再度行った場合など、ライセンスファイルを再取得するケースがあります。
    この時のライセンスファイルが既存のライセンスファイルと別の名前のとき、「StyleNote.ini」に既存のライセンスファイルとは別のエントリが作られているようです。
    結果として、複数のライセンスファイルのエントリが「StyleNote.ini」に記録されますが、最後のライセンス確認に使用したライセンスファイルのみをサーバー上に残しておくと、他のライセンスファイルが参照されたときにライセンスファイルが見つからず、ライセンス確認に失敗しているのかもしれません。

    P.S.
    削除済みのライセンスファイルに関するエントリが「StyleNote.ini」に残っている状態を解消しやすくなるよう、「ライセンス情報のリセット」ボタンを用意し、「StyleNote.ini」からライセンスファイルのエントリをすべて削除できるようにしてみては?

  • Author
    レスの数
  • #4951 Reply

    ※上の書き込みに関して
    「<ul;><li>内容1</li><li>内容2</li>」といった感じで改行無しでリスト要素を続けたところ、「内容1」のliタグが消えていました。


    GK
    #4952 Reply

    ※上記内容2のリスト要素の後に「&lt;/ul&gt;」の記述を忘れていますが、最初の投稿には入れています。
    エンティティがタグに変換されて投稿結果がおかしくなっているので、全角文字で記述。
    最初の投稿では、「<ul><li>リスト1</li><li>リスト2</li></ul>」といった感じで記述して投稿しています。

    1つ上の投稿は、「&lt;ul&gt;&lt;li&gt;内容1&lt;/li&gt;&lt;li&gt;内容2&lt;/li&gt;」を記述して投稿しています。
    ※最後の「&lt;/ul&gt;」が抜けているのは記述漏れ。


    GK
    #4956 Reply

    ご報告ありがとうございます。

    レイアウトが崩れていましたので、投稿していただいたHTMLタグを一部修正させていただきました。

    >ライセンスファイルをアップロードしたディレクトリが「.」で始まる名前の時
    気づきませんでした、ありがとうございますm(__)m
    ライセンス確認失敗時の挙動につきましても、確認してみます。

    >この時のライセンスファイルが既存のライセンスファイルと別の名前のとき、
    >「StyleNote.ini」に既存のライセンスファイルとは別のエントリが作られているようです。
    ライセンス認証用のファイルは、ご利用のパソコン固有のファイルになります。

    同一のPCであれば、基本的には常に同じ認証用ファイルが生成されます。
    PCが異なれば生成される認証ファイルも異なります。

    そのため、StyleNoteを複数のPCでご利用になられている方で、
    StyleNote.iniを他のPCと共有されている方は、エントリが複数作られることになります。

    例えば、3台のPCでStyleNoteを利用される方で、
    StyleNote.iniをクラウドストレージ等で共有されている場合は、
    全てのPCでライセンス認証を行った場合に限り、
    3つの認証ファイルをサーバーにアップロードして頂くことになります。

     ※これについては下記ページに若干の記載をさせて頂いております。
      http://sn.lowedge.com/docs/qanda/733/


    LOWEDGE
    Keymaster
Viewing 3 replies - 1 through 3 (of 3 total)

最終投稿は3 years, 7 months前です。

特定の条件でライセンスの確認とディレクトリ情報の保存に失敗します。




<pre> <em> <strong> <ul> <li>